日本サッカー協会(JFA)は13日、日本代表とU-24日本代表(東京五輪代表)のメンバー発表会見を今月20日にオンラインで実施すると発表した。両代表にさまざまな招集条件が入り組むため、異例の同日発表となる。 【写真】「彼が突出していた」ビジャが“本当にびっくりした”と明かす日本人選手  A代表は今回の活動で、国際Aマッチウィーク期間外の5月28日にミャンマー戦(フクアリ)を予定。その後、6月3日にキリンチャレンジ杯ジャマイカ戦(札幌ド)、7日にカタールW杯予選タジキスタン戦(パナスタ)、11日にキリンチャレンジ杯セルビア戦(ノエスタ)、15日にW杯予選キルギス戦(パナスタ)を予定している。  一方のU-24日本代表は5日にベススタ、12日に豊スタで国際親善試合(いずれも対戦相手未発表)を行う予定。3月シリーズと同じく両代表が同時に活動するため、森保一監督がA代表、横内昭展コーチが指揮を執る形で、基本的にはそれぞれのメンバーを分けて臨むことになりそうだ。  もっとも、それ以外にもさまざまな招集条件が入り組んでいる。  まずA代表のミャンマー戦は国際Aマッチウィーク期間外のため、Jリーグ公式戦が組まれている国内組は招集できず、すでにシーズンを終えている欧州組のみで戦う見込み。新型コロナウイルス感染防止対策によるバブル間移動の可否が不透明な状況ではあるが、活動期間前のU-24世代も交えて臨む可能性がある。  また森保監督は11日の取材対応で「6月のU-24の活動にはオーバーエイジの選手も参加という方向で考えている」と説明。A代表はミャンマー戦に勝てばW杯最終予選進出が決定することもあり、オーバーエイジ選出が確実視されるA代表の中心選手がU-24代表の一員として活動する見込みとなっている。  その他、所属先の検疫対策によって招集できない選手が出てくることも依然として懸念材料。試合開催自体も「入国許可などについては、今後政府との調整が必要になる」(JFA発表)とスクランブル体制となっている中、どのようなメンバー編成が行われるかに注目だ。 日本サッカー協会は29日、今後行われる日本代表戦5試合を無観客とすることを発表した。 【最新】U-24日本代表メンバー|OA枠に百戦錬磨の強力メンツ A代表と東京五輪世代のU-24代表を合わせて、6月中に計6試合を予定している日本。しかし先日、政府は北海道、東京、愛知、大阪、兵庫、京都、岡山、広島、福岡の9都道府県に出している緊急事態宣言を6月20日まで延長することを発表した。 JFAは「政府から発令された緊急事態宣言の延長を受け、対象地域となる各道府県のイベント開催制限に則り」無観客開催を決断したとのこと。なお、6月12日(土)に豊田スタジアム(愛知)で予定されているU-24日本代表vsジャマイカ代表については言及されてない。 無観客となった試合の詳細は以下の通り。 無観客試合 ・6月3日(木)/キリンチャレンジカップ2021 対戦カード:日本代表 vs ジャマイカ代表 キックオフ:19時30分 会場:札幌ドーム(北海道) テレビ放送:TBS系列にて全国生中継 ・6月5日(土)/国際親善試合 対戦カード:U-24日本代表 vsU-24ガーナ代表 キックオフ:19時25分 会場:ベスト電器スタジアム(福岡) テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く) ・6月7日(月)/W杯アジア2次予選 対戦カード:日本代表 vs タジキスタン代表 キックオフ:19時30分 会場:パナソニック スタジアム 吹田(大阪) テレビ放送:TBS系列にて全国生中継/NHK BS-1にて全国生中継 ・6月11日(金)/キリンチャレンジカップ2021 対戦カード:日本代表 vs セルビア代表 キックオフ:19時25分 会場:ノエビアスタジアム神戸(兵庫) テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く) ・6月15日(火)/W杯アジア2次予選 対戦カード:日本代表 vs キルギス代表 キックオフ:19時25分 会場:パナソニック スタジアム 吹田(大阪) テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)/NHK BS-1にて全国生中継